ホーム > レンタルキャンピングカーの車両について

レンタルキャンピングカーの車両について

  • レンタルキャンピングカーで使われている車両について説明しています。

    • キャブコン

      キャブコン

      レンタルキャンピングカーで多く用意されている車両で、トラックなどをベース車両とし居住空間が比較的広いことが特色です。車の大きさもコンパクトにまとまっているものが多いため、扱いやすさと居住空間が両立しています。5〜6人乗車で就寝定員も4〜5人なので家族でのキャンプにピッタリです。また、室内の高さも十分にあるので室内の移動や調理も便利です。簡易トイレを備えている場合も多くあります。

    • バンコン

      バンコン

      ベース車両にハイエースなどのワゴンタイプのワンボックスカーを使ったキャンピングカーです。内装だけがキャンピングカー仕様に改造されている場合が多く、ベース車の大きさは普通と変わらず運転しやすいのが特色です。車内の天井が改造されていない場合、腰をかがめて歩くことになりますが、2名位での使用には扱い勝ってのいいキャンピングカーです。

    • 軽キャンパー

      軽キャンパー

      今話題の軽キャンパーをレンタルしているショップも少ないですがいくつかあります。キャンピングカーの入門用として借りたり、1人で釣りに行った先で泊まるために借りたりと手軽さが売り物です。
      特集記事「軽キャンパーに乗ってみよう!」

    • バスコン

      バスコン

      マイクロバスを改造したキャンピングカーで、装備の充実には目をみはるものがあります。シャワー、トイレ、電子レンジ、エアコンなど普通に生活する設備がそろっている場合が多いことが魅力です。ベットルームが別にあり、車内のテーブルを片付けなくても就寝できところも便利です。4〜5人のファミリーで借りても良いですし、夫婦2人で借りてもゆったりとしたキャンピングカーライフが楽しめます。
      特集記事「バスコンのレンタルとは?」

    • 車中泊車

      車中泊車

      軽自動車やバンにフラットベッドを展開したり、ミニバンのルーフがポップアップになって就寝スペースを確保するタイプです。
      気軽に軽快に車中泊を楽しむのに適しています。
      キッチンなどを設備していないため、当サイトではキャンピングカーとは別のアイコンで表示しています。

    • トレーラー

      トレーラー

      牽引する乗用車と一緒にレンタルできるキャンピングカーです。運転には少しだけコツが必要ですが、居住空間が広く、キャンプ場などで乗用車と切り離して使用できるなどのメリットがたくさんあります。通常レンタルショップで取り扱っているトレーラーはけん引免許不要、普通免許で利用できるタイプなので誰でも安心してレンタルすることができます。


キャンピングカーレンタル専門のエルモンテRV

MENU


Rental RV in Japan Go to English Site

レンタルキャンピングカーネットfacebook

キャンピングカースタイル